お酒対策にしじみが効果的な理由とは

お酒を飲みながらしじみ汁を飲む、お酒を飲んだあとにしじみ汁を飲む、といったことを行っている方も多いのではありませんか。なぜお酒と一緒にしじみを利用しているのでしょうか。その点について詳しく知りたい、と思っている方もかなり多いと思います。

こちらでは、お酒対策になぜしじみが良いのか、といったことをお話します。しじみに含まれている成分に注目してみましょう。本当にしじみにはお酒に強くなる成分が含まれているのでしょうか?

・しじみに含まれているアミノ酸が良い働きをしてくれる

しじみにはアミノ酸がたっぷりと含まれているのです。アミノ酸には素晴らしい能力があります。身体の機能を高めてくれるのです。アミノ酸が足りなくなってしまうと、身体に大きな影響を与えてしまいかねません。そういった状況はなんとしてでも取り除かなければならないのです。

そもそも幹細胞というものはタンパク質で出来ています。その幹細胞に利用されているタンパク質を生成しているのは必須アミノ酸なんですよ。アミノ酸が足らなくなってしまえば、肝臓の状況が大きく悪化してしまうことも考えられます。幹細胞自体が新しい物になかなか生まれ変わらないで老化のような状態になってしまうのです。

しじみを摂取することでアミノ酸を体内に取り入れることで肝機能が高まります。その結果、お酒対策になるわけです。つまり、お酒に強くなる事が出来るのです。

・しじみに含まれているグリコーゲンにも注目

しじみにはグリコーゲンと呼ばれる成分も含まれています。実はしじみの糖質になるのですが、太ってしまう心配は殆どありません。グリコーゲンは、即効性が高いタイプのエネルギー源なのです。使われやすいエネルギーと言っても良いかもしれません。

グリコーゲンを補給することで、肝臓の疲労回復を早めてくれます。肝臓が疲労してしまうような状態をさけられます。

・しじみはどのように摂取すべきか

しじみ汁などの料理で摂取するのもおすすめですが、少し効率的とは言いがたいです。おすすめなのが、オルニチンサプリを利用する、といったことです。オルニチンサプリであれば、一粒あたらいで100個や300個といったしじみの栄養素が詰まっていることもあるのです。

いくら小さいからといっても100個や300個のしじみを食べるのは簡単なことではありませんよね。味の好き嫌いもあるでしょう。食べる量はその時の調子によっても左右されてしまうので、なるべくサプリメントの利用をおすすめします。

しじみやオルニチンサプリを摂取すれば、お酒に強くなる事が出来るのです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ